スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
すごく長い 
むかーしむかし私が小学4年生の頃のはなし。
ある日突然現れた野良の黒猫「ミャーちゃん」(また勝手につけたベタな名前)
彼女(だったと思う)とはすぐに仲良くなれた。名前を呼べば、向こうの垣根からひょっこり顔を出してトコトコやってくる。

飼いたいと思うことはなかった。うちは所謂貧乏な家庭で、飼えないということが暗黙の了解だった気がする。
でも毎日のように遊んだ。
母が意外にも猫缶を買ってくれたことがあって、それをあげたことが一度だけあった。
ごはんをあげたのはその一度きり。一回あげればその後も期待するだろう。でも当時はそんな考えはこれっぽちもなかった。

玄関を開けた隙に家の中に入ろうとしたのを怒ったこともあったし、玄関先にネズミの死骸がおいてあって、こんなもの置いて!と怒ったこともあった。
それでもその後もミャーと遊び続けた。

ミャーと出会ってどれくらい経ったか。そんなに長い期間ではなかったと思う。
私は引っ越すことになった。
ミャーを連れて行こうとは頭の片隅にもなかった。離れてしまうことを寂しいとも思わなかった。

数日後、風の噂で私が住んでいた家の屋根裏に続く外階段で、ミャーが息絶えていたということを聞いた。

それでもそんなに悲しいと思わなかったし、罪悪感も全く感じなかった。
毎日のように顔を合わせていたくせに、
ごはんをあげて飼い主面していたくせに・・・・・・・・



今、ミータのことを考えると本当辛い。
ミータの飼い主は夜逃げのような感じで、家財道具も置きっぱなし、窓も開けっ放しでどこかへ行ってしまった。
そのアパートはうちの隣にあって、旦那の職場の社宅のような感じ。
新人がミータの部屋に新しく入るということで、部屋が掃除された。旦那も手伝った。部屋の中は酷い有様で、ミータが畳におしっこをしてしまっていたようで臭いも酷かったって。
もっと酷いのはミータの餌として「柿の種」が置いてあったということ。もう呆れた。

掃除中ミータを構っていたんだけど、いつもミータに会うのは日が沈んだ後だったから気付かなかった。耳と目の間の毛が薄いところ、そこが内出血っぽいというか傷になってて、左目からは黄色っぽい膿みたいな汁が出てた。

それから2日くらいミータの姿は見なかった。もう完全に左目は塞がってしまっているんじゃないかと、会うのが怖かった。

ミータが行き場を失くして3日後、彼に会った。夜で暗かったけど、左目が塞がってしまっていることは分かった。よく見ようと顔に手を当てるとなんか冷たい。急いで部屋から灯りを持ってきて照らして見ると、例の傷っぽいところが化膿していて膿で左の頬が覆われていた。

病院に連れて行かなきゃ、でもうちではどうしても飼えない、どこまで介入していいの?とパニックになりながら家の外と中を往復してるうちにミータはいなくなってしまった。
呼んでも来ない…帰る家はもうないはずなのに。

それから3日経つ今日までミータに会っていない。次に会うときはもっと酷いことになっているかも知れない。放っておけば右目も塞がってしまうかもしれない。
病院に連れて行っても完治までには幾度の通院が必要だと思う。それに病院に行った後、結局外で過ごすのならいつまで経っても治らないのではないか。完治するまでの一時でも保護できる環境がない。入院させてあげられるような金銭面の余裕もない。ううん、通院だけでも無理だと思う。
もし今回通院して完治しても室内飼い出来ないなら、またいつか怪我をしたり病気になったりするだろう。その度に病院に連れて行けるのか?それにもしかしたらもっと大きな病気が見つかるかもしれない。そうなった時、手術を受けさせたり毎日投薬したりできるのか?
自分に問いただした時、答えはノーだった。。。

でもこの答えも、行動できない自分にただ理由が欲しいだけなのかもしれない。
ごはんだけはあげるだけあげて、あとは知らん顔の卑怯な自分を正当化したいだけなのかもしれない。

結局私はミータに何もできない。中途半端に手を出してしまった自分がすごくやだ。ごはんはあげて首輪は付け替えて、なのに病院には連れて行けません、うちでは飼えませんなんて最低最悪だよ。でもやっぱりどうしようもなくて…
ミータ、ごめん。

今こんな状態で、うちの子はこんなに可愛いのよ!とブログの更新をする気には到底なれない。普通に更新なんかできたら我ながら虫唾が走るし。
閉鎖も考えたけど、自分の気持ちを吐き出したい時があるかもしれないから残しておきたいと思う。
ただ、かいとぎんの記事のUPはもうないと思う。すいません。
かいとぎんを可愛がってくれたみなさん、ありがとうございました。



スポンサーサイト
【2007/01/15 02:13 】
| ねこ通常 | コメント(25) |
| ホーム | まうまうは(BlogPet)>>
コメント
そうですね・・・。私も同じ状況であったら適切な対処なんてできないと思います。
何がよくて悪いなんて一言ではいえないけど、かいちゃんとぎんちゃんにはすごく癒されました。
幸せをわけていただいたと私は思っていますよ。

ゆっくり休んで、落ち着かれましたらブログに載せなくても良いので二匹の写真をいっぱいとってあげてくださいね。
【2007/01/15 12:06】
| URL | yuzuyuzu #HXdBF8lk[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/15 14:09】
| | #[ 編集] |
はじめまして。
地元に猫ボランティア団体は有りませんか?
相談したら世話して頂けるかも知れませんよ。
一人で抱え込むと逃げ場が無くなってしまいます・・・。
【2007/01/16 22:26】
| URL | もここ #tR.6bT9k[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/17 15:06】
| | #[ 編集] |
かいのしんさん、そんなに心を痛めないで!!
とってもつらい気持ち、わかります。
どこまで介入すればいいのか?介入できるのか?考えたらきりがないよね。
私も野良ちゃんに無責任に餌付けをしていた事があります。
ただ可愛くて野良ちゃんが次第に私に懐いてくれるのが嬉しかったから・・という理由だけで・・・。
初めからその野良ちゃんをちゃんと面倒みている通称ねこおばさんがいたので、結局そのおばさんに任せっきりでした。

かいちゃんとぎんちゃんとは別問題に考えて欲しいな。
とても責任感のあるかいのしんさんだから、そんな風に考えるのだろうけど。
かいちゃんとぎんちゃんに癒しをもらっている人も大勢いると思いますよ♪

【2007/01/17 23:22】
| URL | ゆみたか #/C2V/PvY[ 編集] |
とても切ないお話に涙してしまいました。
よく分かります。
ネコが好きな人、ネコを飼っている人でそういう経験した事ある人は結構いるんじゃないかな。

最後まで面倒見られないんなら手を出さない方がいいっていう意見がいつのまにか前提みたいになってしまっていますね。
分かっているけれど、でも、今この時に少しでも幸せをあげたいって思う心は決して悪い事ではないと思います。

こうやって苦しむ人がなくなるよう、制度が整ったり地域の協力が得られるようになるといいですね。

かいのしんさん、1人で苦しまないで下さいね。
【2007/01/19 01:49】
| URL | まりまお #zBlOywzs[ 編集] |
かいのしんさんのお気持ちを考えると、心が痛くなります。
勇気を出して、自分の正直な気持ちを書かれるのは、相当な勇気が必要だったと思います。
そして、私たちに報告をしてくれて、本当にありがとうございます。

私も色んな方のブログで、正当化なことを書いていたけれど、実際に自分がそんな状態になった時に、全く何も出来なかった事があります。
色んな思いがあると思いますが、答えや正解は一つではない事は確かです。
ゆっくりと休まれて、また、お話ししましょうね。
【2007/01/20 14:27】
| URL | mikumon #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/23 21:44】
| | #[ 編集] |
かいのしんさん、そんなに考え込まないでくださいね。
みんなきっと、どうにかしたくてもどうすることもできなかったことってあると思う。
かわいそうと思っても、見てることしかできない。
みんな、同じような心の痛みを少なからず持っていると思います。

自分を責めないでくださいね。
【2007/01/27 21:44】
| URL | くまママ #-[ 編集] |
かいのしんさん、お気持ちお察しします。
こういうことは自分の中で整理し、消化していくしかない事柄ではと私は思っています。
誰でも似たような経験があると思います。
誰でも似たような罪悪感が存在しているのではと思います。
でも必要以上に自分を責めたり、何かと比べたりはしないで下さいね。
【2007/02/01 16:19】
| URL | em #WzzJX4NY[ 編集] |
はじめまして
今、ひょんなところから、かいのしんさんのページにたどり着き、読ませていただきました。とても正直なコメントに、心を動かされました。
すごくむずかしい問題だと思います。
どうぞあまりムリをなさらず、いつかまたブログの更新を楽しみに待っています☆
【2007/02/13 00:50】
| URL | かの #-[ 編集] |
○Oo。m(=^・ε・^=)y-~~~~~
【2007/02/18 15:47】
| URL | U^ェ^U ワン! #PMoz9hdc[ 編集] |
人は出来る事しか出来なくて
そしてそれすらも大変だよな
【2007/03/03 20:43】
| URL | U #-[ 編集] |
ゾッチャの日常9買いましたか?
【2007/05/04 16:19】
| URL | #-[ 編集] |
かいちゃん ぎんちゃん 元気ですか?
【2007/06/26 07:00】
| URL | #-[ 編集] |
更新のないこんなブログにコメントくださりありがとうございます。

かいとぎんは元気ですよ。
ぎんちゃんは春頃、尿路結石になり入院もしましたが、今は療養食を食べつつも元気いっぱいです。
【2007/06/27 02:00】
| URL | かいのしん #dmIMSa3E[ 編集] |
かいちゃん ぎんちゃん、 元気でよかった。
また 会えるといいな。
【2007/06/29 00:09】
| URL | #-[ 編集] |
元気なんだね、良かった♪
ぎんちゃん、もう病気は大丈夫?
まりは12歳になったよ。
またいつか会いたいね。
【2007/07/18 18:15】
| URL | まりまお #zBlOywzs[ 編集] |
かいのしんさーん!お久しぶりです!
おげんきですかー?
久しぶりによらせていただいたら、6月にぎんちゃんが
尿路結石?!とあったのでびっくり!!
ぎんちゃん・・・療養食でやせちゃったんでは??w
【2007/11/07 03:45】
| URL | choco_cara #tHX44QXM[ 編集] |
いえいえ、6キロの大台に届きそうなほど丸々太ってますよ~w
【2007/11/13 03:37】
| URL | かいのしん #dmIMSa3E[ 編集] |
こんにちは。
Pet-Webというペット専門クチコミ情報サイトの運営局です。
今回ご連絡させて頂きましたのは、2月よりベータ版をリリースした『Pet-Web』へ新たにブログランキングを開設致しました。
つきましては、是非あなた様のブログをご登録して頂き、他の皆様との情報交換や情報共有にお役立ていただければと思い、ご連絡させて頂きました。
http://www.pet-web.jp
からサイトにて会員登録して頂きプロフィールよりブログURLをご入力いただければ、簡単にランキングへ参加できます。
また、あなた様のブログに専用バナーを貼り付ける事で、あなた様のブログからのアクセスをカウントし更にランキングを上げることもできます。
その他にも、ペット施設検索機能や、施設へのクチコミ情報の投稿や閲覧、マイマップ機能、アルバム機能など、皆様が楽しめる機能も満載です!
きっとあなた様のブログのアクセス数アップや、あなた様とペットの生活を更に素敵なものにするお役立てができると考えております。
是非一度遊びに来ていただければ幸いです。

■ サービス名:Pet-Web(ペットウェブ)
■ URL  :http://www.pet-web.jp.jp
■ 登録料  :無料
■ 利用料  :無料

長文になりまして、誠に申し訳ございません。
よろしくお願い致します。
【2008/03/06 12:37】
| URL | ペット専門クチコミ情報サイトの運営局 #-[ 編集] |
はじめまして、よく参考にしています。また遊びにきます!
【2008/10/24 21:46】
| URL | ハナエ #-[ 編集] |
いつも見ています。いつも更新凄いですね。僕も頑張ります。もう寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
【2008/11/13 14:57】
| URL | アキ #-[ 編集] |
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/02/05 20:38】
| | #[ 編集] |
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/10 16:41】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。